勤怠打刻の25の課題を解消します

​現場部門の課題

①設置する場所が狭いので、大きい機器は置けない。

iPadやiPhoneで使える為、狭くても大丈夫です。

②外出していることが多くて、出退勤記録しにくい。
外出先でもiPhoneで顔認証できます。

③従業員が複数の拠点に関わるので認証が難しい。
1度登録すれば、どこでも認証できます。

④アルバイトなど採用当日から記録が手間。
顔認証するiPadで自動顔登録してすぐ使えます。

⑤認証が遅いと使わない。
1秒以内で認証できます。

⑥みんなの出退勤情報をリアルタイムで把握したい。
WEBで確認できるリアルタイムモニタ機能があります。

事務部門の課題

⑦監督署から不正打刻のない仕組みを要求されている

本人顔認証記録とGPS記録ができます。

 

⑧認証率が悪いと手書きの記録が発生して反映に時間がかかる

認証率はほぼ100%です。

 

⑨紙のタイムカードで、外国籍の社員など字が読みにくい

自動打刻記録だから大丈夫です。

 

⑩記録の集計日が集中するから作業負荷が高くて大変

⑪記録の集計に時間がかかる

⑫打刻記録の保存と取出に手間がかかる

クラウドにリアルタイムで記録します。いつでもCSVダウンロードできます。打刻結果は自動集計の為、煩わしい作業は必要ありません。

インフラの課題

⑬維持費が高いと使えない

⑭人員の追加変更時に、費用と時間と手間が発生する

安く使えて、時間も手間もかかりません。

打刻のみ:100円/1人(月額)

勤怠管理セット:250円/1人(月額)

 

⑮特別な機器で認証すると代替機の用意に時間がかかる

市販で購入できるiPadやiPhoneで使えます。

 

⑯認証機器の設定が複雑で大変

スタンドを購入して設置するだけです。

 

⑰ネットワーク機器の設置が困難

Wi-FiまたはSIMで使えます。

 

⑱瞬電、停電時に利用できない

バッテリーで稼働します。

セキュリティの課題

⑲機器導入など高価格

約4万円~iPadを購入できます。

 

⑳外注社員、派遣、外国籍など本人の識別が困難

顔認証で解決しましょう! 

 

㉑安全性や異物混入の危険がある為カードなどを所持できない

㉒カードなど紛失でセキュリティ事故の可能性がある

顔認証の為、持ち物は不要です。

 

㉓認証機器の盗難などでセキュリティ事故が発生する

iPad・iPhone内にはデータを保持しない為、セキュリティ事故がおこることはありません。

 

㉔外部業者など、震災などで現場に誰がいるか把握できない

リアルタイムモニタで把握できます。

 

㉕出退勤データの改ざんができると困る

打刻データは改ざん不可能です。